markelog(マーケログ)|WEBマーケティングブログ

WEBマーケティングブログ

SEOに強いコンテンツを書くための5つの条件

      2014/10/09

間違いなくSEOに弱いコンテンツとSEOに強いコンテンツは存在します。では、SEOに強いコンテンツとは何だろうか。

 

検索エンジンは書いてある内容を人間のように頭や感性を働かせながら100%認識することは出来ません。その代わりに、下記のような視点でコンテンツを評価してランキングを行っていると言われている。

  1. 1、タイトル最適化
  2. 2、キーワード出現頻度
  3. 3、キーワード突出度
  4. 4、キーワード近接度
  5. 5、キーワード配置

ここでは、それぞれについて解説するとともにSEOに強いコンテンツに仕上げるためのテクニックと合わせて紹介する。検索による集客に少しでも携わっている方にとって読んで参考になれば幸いです。

↓↓2,980円⇒無料!レビューもあり!
全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!

1、タイトル最適化について

SEOに強いコンテンツを作成するうえで最も大事な部分がタイトルの最適化です。まず間違いなくタイトルにキーワードが入っていなければ上位表示は無理です。必ず、上位表示をさせたいキーワードをタイトルに含める必要があります。

また、キーワードは2語、多くても4語程度をタイトルに含めます。

キーワードが1語だとそのキーワードで検索された場合にしか上位表示を狙えませんし、4語以上で詰め込みすぎな場合も分散されてしまい結局どのキーワードでも上位表示しません。

また、キーワード同士はなるべく近くに配置するようにします。(※これは後ほど解説するキーワード近接度にも関係します。)

 

例えば、恵比寿のピザ屋さんのWEBサイトの場合で紹介します。

 

NG例)恵比寿駅から徒歩4分の美味しいお酒も飲める本格窯焼きピザとパスタのお店

この場合、キーワードが「恵比寿駅」「徒歩」「4分」「美味しい」「お酒」「本格」「窯焼き」「ピザ」「パスタ」と詰め込みすぎていて、結局どのキーワードにおいても中途半端な順位になってしまいアクセスが来ない可能性が高いです。

また、「恵比寿」「ピザ」で上位表示をしたいのですから、この2つのキーワードは近接させる必要があります。では、これを踏まえてOKなタイトル例をご紹介します。

OK例)恵比寿でピザを楽しめる本格イタリアンの【マーケログ】

この場合は、上位表示を狙いたい「恵比寿」「ピザ」が先頭で近接されて配置されておりキーワードも詰め込みすぎていないため狙いたいキーワードで上位表示される確率が高まります。

 

2、キーワード出現頻度について

まずは、キーワード出現頻度についてです。「何かの特定のテーマについて書かれた記事であれば、そのテーマのキーワードが多く文章内に出現してくるはずである」という考え方に基づいたアルゴリズムです。

例えば、渋谷でWEBサイト作成を専門にしている企業のページの場合は「渋谷」「WEBサイト」「作成」というキーワードが他のキーワードよりも頻繁に出現しなければおかしいのです。極端な話ですが、「渋谷」じゃなくて「新宿」であったり、「WEBサイト」でなくて「スマホアプリ」といったキーワードの方が頻繁に出現するページの場合検索エンジンは結局どのキーワードにおいても上位表示はしないでしょう。

 

だからといって上位表示させたいキーワードを意図的に多く含めた場合はスパム判定されて大きく順位を落とされてしまいますので決してやめましょう。

目安としてですが上位表示したいと思うキーワードが5%(±3%)程度にするのが良いです。(というより気にせず普通にキーワードに沿ったテーマで記事を書いていればこの範囲に収まるはずです。)従って、あまり気にすることは無いでしょうが念のため。

キーワード出現頻度の調査方法:SEOチェキ(上のタブで「キーワード出現頻度チェック」を選択してください)

 

3、キーワード突出度について

 

キーワード突出度というのはどの位置にどんなキーワードが配分されているのかという指標に基づいて、コンテンツとキーワードの関連性を判断するものです。

一般的に検索エンジンは文章の先頭にあるキーワードほど重視します。(タイトル内でもhタグ内でも文章内でもなんでもそうです)よって、検索エンジンで上位表示させたいと思うキーワードは文章の後ろの方ではなく前方で目立たせるべきです。

 

また、見出しで区切った場合は区切ったあとになるべく早い段階で狙いたいキーワードを持っていくのがいいでしょう。ただ、あまり意識してしまいますと文章自体が読みづらくなってしまいますので、あくまでもユーザーファーストで考えましょう。コンテンツは検索エンジンではなくユーザーに向けて書くものです。ここで、紹介している内容は参考程度にお考え下さい。

 

4、キーワード近接度

1、のタイトル最適化の部分でも軽く触れましたが、改めて解説します。

検索エンジンのユーザーのほとんどが2語、3語以上のキーワードを入力して検索を行っています。ということはSEO対策を行う場合は1語だけでなくて2語、3語は意識して対策しなければならないということです。

 

例えば、このページのタイトルは「SEOに強いコンテンツを書くための5つの条件」ですが「SEO」「コンテンツ」という2語のキーワードでSEO対策を行ってます。そうすると、この2語はコンテンツ内において近接させる必要があるということです。この2語が離れているとなかなか検索エンジンで上位表示されません。

コンテンツを狙ったワードで的確にヒットさせるためにも狙いたいワードのキーワード近接度を意識して制作を行いましょう。SEOに強いコンテンツを作る上でも特に大事な項目です。

 

5、キーワード配置の最適化

検索エンジンで上位表示させたいと思うキーワードは下記のような要素と関連してきます。

  • title要素
  • アンカーテキスト
  • h要素
  • インラインの強調要素
  • meta要素
  • img要素内のalt属性

これらの要素内には上位表示させたいキーワードは必ず含めましょう。しかし、ここでもやり過ぎはむしろ逆にペナルティの対象となり検索エンジンの順位を大きく下げてしまう場合もありますので、読んで不自然にならない程度がベターです。

 

おわりに

ここまで、SEOに強いコンテンツに仕上げる方法を紹介してきたがいかがだっただろうか。

検索エンジンは人間のように頭を働かせながら文章を解読出来るわけではないので、こういったSEO対策に有利な文章を制作するテクニックによって検索エンジンの上位に表示させることが出来るわけだが、あまりこれらのテクニックを意識しすぎてもおかしな文章になってしまい、肝心なターゲットである検索ユーザーにとって読みにくい文章になってしまう。

読んで不自然にならない程度に上記の5項目を実践することで、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても読みやすい文章になるだろう。

ここで紹介した内容により少しでも多くの人が”SEOに強いコンテンツ”に対する理解を深めることができれば幸いです。

SEOに強いコンテンツ代行ならこちらをご覧下さい。

 - SEO

スポンサーリンク

  関連記事

グーグルアナリティクスの設定と使い方
グーグルアナリティクスの使い方と設定|5W1Hを明らかにする手法

〔無料本〕自分を変えたい全ての人へ「自分を不幸にしない13の習慣」   …

Search engine optimization
検索エンジン最適化|順位に影響を与える”たった3つ”のチェック項目

〔無料本〕自分を変えたい全ての人へ「自分を不幸にしない13の習慣」 「検索エンジ …

ペンギン
ペンギンアップデートに影響を受けないための対策と4つの知識

〔無料本〕自分を変えたい全ての人へ「自分を不幸にしない13の習慣」 SEOを柱に …

computer-768608_640
初心者だから押さえたい!Web制作を学べるサイト10選

〔無料本〕自分を変えたい全ての人へ「自分を不幸にしない13の習慣」 「学ぶ」の語 …

ソーシャルメディア
新米WEB担当者必見!WEBサイトにおける5つの集客方法

〔無料本〕自分を変えたい全ての人へ「自分を不幸にしない13の習慣」 Webサイト …

contents-marketing-64-1
アン・ハンドリーの「コンテンツ・マーケティング64の法則」読了後レビュー

〔無料本〕自分を変えたい全ての人へ「自分を不幸にしない13の習慣」 コンテンツマ …

検索エンジンの順位を上げる
【保存版】検索エンジンの順位を上げる為の33のチェックリスト

〔無料本〕自分を変えたい全ての人へ「自分を不幸にしない13の習慣」 検索エンジン …

コンテンツマーケティング
【保存版】WEBコンテンツ作成サービス一覧〈料金表記付き〉

〔無料本〕自分を変えたい全ての人へ「自分を不幸にしない13の習慣」 コンテンツマ …

medical-563427_640
病院・医院のSEO対策やネット集客について考えてみる

〔無料本〕自分を変えたい全ての人へ「自分を不幸にしない13の習慣」 学生時代の先 …

ipad-605440_640
【初心者必見!】ロングテールSEOとは?アクセスの質を高める基本戦略

〔無料本〕自分を変えたい全ての人へ「自分を不幸にしない13の習慣」 Webに関わ …