markelog(マーケログ)|WEBマーケティングブログ

WEBマーケティングブログ

動画広告の制作会社はこう選ぶ!4つのチェックポイント

      2015/10/01

videographer-698667_640

スマートフォンの普及は世の中に大きな変化をもたらしましたが、これはマーケティングの分野でも例外ではありません。国民のインターネット利用時間がテレビ視聴時間を上回るようになったことで、動画広告の有効性はますます高まっています。

そこで、動画広告を制作しようと検討している企業も多いことでしょう。たしかに動画広告は商品やサービスのイメージを伝えるのに適していますし、ユーザーのアクションも増えるというデータが出ています。

しかし広告というものは、正しい戦略を練って正しい方向で制作しなければ、狙い通りの効果を得ることはできません。それは制作会社の能力の問題というよりも、依頼する側がきっちりとKPIを明確に設定できているかどうかの差です。

ここで一度立ち止まって、動画広告の制作会社を選ぶ際のポイントを押さえておきましょう。

↓↓今なら2,980円⇒無料!レビューもあり!
全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!

1.ターゲティングによるアプローチの違い

まずは、訴えかけたいターゲットを明確にしなければなりません。動画広告の場合、ターゲティングによって動画のアプローチがまったく違ってくるためです。

たとえば、インパクトを重視した動画広告は未認知客には効果的ですが、既存客に目新しい情報を提供することにはなりません。反対に、割引やポイント増額キャンペーンなどを押し出した動画広告では、既存客を呼び込む効果はあっても未認知客の心を動かすことはできません。

どれほど映像としてのクオリティが高かったとしても、ターゲティングが不明瞭では動画広告としては失敗なのです。

ですから、マーケティングへの理解のある動画制作会社を選ぶことは必須です。その上で、欲しいアプローチでの実績があるかどうかをチェックするよいでしょう。

2.目的・コンセプトの共有

「みんなやっているからうちもやろう」……そんな安易な考え方で動画広告を制作しようとはしていませんか? 動画広告の目的があやふやだと、マーケティングはほぼ間違いなく失敗します。

広告の目的は多種多様です。そしてコンセプトによっても動画広告のアプローチは大きく変わります。

たとえば、ブランディングのための広告であれば抽象的でイメージを喚起させるようなメッセージの方が効果的ですが、コンバージョンのための広告はメッセージが具体的であればあるほど有効となります。

コンセプト段階で制作会社との意思疎通がうまくいっていないと、期待するような効果を得ることはまず不可能でしょう。ですから、制作会社のヒアリング能力を見極める必要もあります。

3.Webならではの戦略性

動画広告はテレビCMと似ているようで、実はまったく違う性質をもちます。

テレビCMであればどういった層がどの時間に見ているのかを事前に把握した上で出稿できますが、Web上の動画広告は誰がいつどのような環境で見るのか、まちまちです。テレビCMはできるだけ多くの人に見てもらうことを目指しますが、動画広告はターゲット以外には早く離脱してもらった方が効率的です。

また、Webというメディアならではの特性を考慮する必要もあります。

スマートフォンを利用しているときは常にマナーモードだという人も多いでしょう。すると、テロップの有無で広告効果が大きく変わってくることになります。逆に、YouTubeなどの動画サイトに埋め込むのであれば、音声を効果的に利用できます。

いくらテレビCMで素晴らしい実績をもつ制作会社であっても、Webへの理解が浅そうに見える場合は要注意です。

4.予算とスケジュールの管理能力

最後に、広告制作をする上で避けて通れないのが予算の問題です。効果的な広告を打つためには予算を惜しみたくはありませんが、そうはいっても青天井というわけにもいきません。

一度でもホームビデオの編集にチャレンジしたことのある人であればわかるように、動画広告は他の広告と比べると、単純な制作時間の部分だけでも桁違いに大きくなります。一般的に動画制作の料金はクリエイターの拘束日数と比例しますから、ごく簡単なサービス紹介動画であっても20~40万円程度の予算はみておかなければなりません。

そこで重要になってくるのは、こちらの予算を考慮して適切なディレクションをできる制作会社かどうかです。

まとめ

動画広告は、活用次第では単なる宣伝効果以上のメリットをもたらしてくれることもあります。ユニークな動画広告であれば世界中でシェアされることもあるかもしれませんし、まったく意図しない方面から企業イメージが向上することもあるでしょう。

そうした副次的な効果を得るためにも、動画制作会社選びは大切です。まだ歴史の浅い分野だからこそ、ネームバリューに囚われずフラットに選びたいものです。

迷ったときは、クリエイティビティだけに注目するのではなく、Webマーケティングへの理解がどれだけあるのかを吟味するよう心がけると、失敗しない動画広告を作れるでしょう。

 - SEO, WEBサイト運営, WEBデザイン, コンテンツマーケティング, ソーシャルメディア , , ,

スポンサーリンク

  関連記事

hands-545394_640
3384万人市場!シニア向けECサイト 制作運営の4つの注意点+事例3つ

〔無料本〕上位4%のビジネスマン・起業家に役立つノウハウ満載!『インターネットビ …

SEOキーワード選定
SEOキーワード選定の基礎中の基礎!最低限知っておくべき4つの視点

〔無料本〕上位4%のビジネスマン・起業家に役立つノウハウ満載!『インターネットビ …

検索エンジンの順位を上げる
【保存版】検索エンジンの順位を上げる為の33のチェックリスト

〔無料本〕上位4%のビジネスマン・起業家に役立つノウハウ満載!『インターネットビ …

あしかがのこと栃木県足利市の地域情報サイト 足利のイベント、グルメ、スポーツ情報などを言葉と動画でお届け
色んな可能性を秘めている 超ローカルサイト10選

〔無料本〕上位4%のビジネスマン・起業家に役立つノウハウ満載!『インターネットビ …

marketing-998561_640
BtoBマーケで話題のABM(アカウントベ−スドマーケティング)とは?

〔無料本〕上位4%のビジネスマン・起業家に役立つノウハウ満載!『インターネットビ …

student-849820_640
【保存版】案件発注前に!国内クラウドソーシングサイト25選。

〔無料本〕上位4%のビジネスマン・起業家に役立つノウハウ満載!『インターネットビ …

computer-1185626_640
改めて確認!コンテンツマーケティングが注目される背景と4つのメリット

〔無料本〕上位4%のビジネスマン・起業家に役立つノウハウ満載!『インターネットビ …

億万長者の不況に強いビジネス戦略1
ダン・ケネディの「億万長者の不況に強いビジネス戦略」読了後レビュー

ダン・ケネディの「世界一シビアな「社長力」養成講座」を昨年の秋に読んだのですが、 …

zopim
WEB接客とは一体何なのか?トレンドを徹底解説します!

〔無料本〕上位4%のビジネスマン・起業家に役立つノウハウ満載!『インターネットビ …

film-589491_640
YouTube動画のSEO対策で成功する3つのポイントとは?

〔無料本〕上位4%のビジネスマン・起業家に役立つノウハウ満載!『インターネットビ …