markelog(マーケログ)|WEBマーケティングブログ

WEBマーケティングブログ

ランディングページの命!ファーストビューの構成ポイントを押さえよう

      2016/04/25

パソコンを使う男性の手

ユーザーにとってランディングページの価値は、ファーストビューで決まると言っても過言ではありません。ファーストビューには構成のポイントがあります。そのポイントを押さえることで、ユーザーの行動が大きく変わってくるのです。
今回は、そんなランディングページのファーストビューの構成についてお話します。

 

↓↓【2980→無料】ネットで100億売り上げたアイデア!レビューもあり!
90日以内にネット起業する方法

その前に…ランディングページの目的をおさらいしよう

ポイントをご紹介する前に、ランディングページの意味と目的をもう一度おさらいしておきましょう。
ランディングページとは、リスティング広告などWEB上の広告リンクをクリックした時に誘導されるページです。公式ホームページよりも、該当商品の購入や問い合わせを訴求するページとなっています。
つまり広告ページから流入してきたユーザーに、目的となる行動(商品購入や資料請求)を起こしてもらうための最後のひと押しを加えるページといってよいでしょう。

ここで勘違いしてしまいがちなのが、流入してくるユーザーへの期待です。
広告ページを介して流入してきたのだから、商品・サービスに対する関心は高いだろうと思うかもしれませんが、それは過度な期待です。
ユーザーは「なんとなく」ランディングページを訪問している人がほとんど。商品を購入したり、資料を請求したりというアクションを起こすかは別の話です。

「この商品、購入して大丈夫?」
「資料請求したら変な勧誘が来るんじゃないの?」
ランディングページは、常にこのような厳しい目を持ったユーザーに見られています。
そんな厳しい目を持ったユーザーを説得するのがランディングページの存在理由と言っても過言ではないのです。

そんなランディングページの構成の中でも、特に大切なのがファーストビューなのです。

 

ファーストビューが命

リンク先からランディングページに飛んだ際、一番初めに見える部分をファーストビューと言います。
このページはランディングページを見るほとんどのユーザーが目にする部分です。逆に言えば、ほとんどのユーザーがこの部分でランディングページの価値を判断します。
ファーストビューがユーザーにとって響くものでなければ、ユーザーがそそくさとページから出て行ってしまいます。
ですからこの部分がランディングページの肝となるわけです。
ファーストビューには、以下の要素を必ず盛り込むようにしましょう。

  • 会社名・(あれば)ロゴ
  • 問い合わせ先

ランディングページや商品・サービスの信用性を高めるための要素です。
いくら機能の良い商品でも、怪しそうなところからは皆さんも購入しませんよね。ユーザーに信用していただくには、こちらの素性をできるだけ明かすことが大切です。
また、気になる場合に問い合わせができる(WEBの内容だけで購入を決めなくてもいい)という安心感を持っていただくために、問い合わせ先はできるだけ電話番号などにするのがおすすめです。

 

キャッチコピー

ユーザーの心を掴むための要素です。
ターゲットによって響く言葉が違うため、広告ごとにキャッチコピーを変えてランディングページを作っているところもあります。
キャッチコピーはターゲットを細かく絞って作成するのが大切。年齢・仕事・趣味・休日の行動パターン・クセなど、一見「狭すぎるんじゃない?」と思われるほど絞ることで、より効果的なキャッチコピーを作ることができます。
キャッチコピーは短めに。また左寄せにしておくのがオススメです。

 

メインビジュアル

権威付けや証拠をユーザーに提示し、行動の後押しをする要素です。
「半年で100万本突破!」「お客様満足度98%!」「2013年売れ筋No.1!」など、一目見ただけで分かりやすい内容を入れるのがポイント。もちろん根拠のあるものでなければなりませんが、この部分でユーザーの「ちょっと気になる」心をうまくくすぐれるかどうかが決まると言っても過言ではないでしょう。

 

誘導動線

ランディングページのコンバージョンにつながる要素です。
ファーストビューで誘導動線をクリックする方はあまりいらっしゃいませんが、「次にアクションを起こす必要があるよ」と明示しておくことがポイント。ユーザーはどこでアクションを起こそうと思うかわかりません。ですので、ランディングページの区切りのいいところには、誘導動線を入れておくようにしましょう。

 

商品・サービス説明

商品やサービスの説明や仕組みの解説などを行う要素です。
これはキャッチコピーにも言えることですが表面的な説明をするよりも、提供する商品・サービスが、ユーザーにとってどんな価値を生み出すのかを想起できる内容にすることがポイントです。わかりにくい内容は、図解したり写真を交えて説明するようにしましょう。リピーターの声などが集まっている場合は、こちらに入れてもよいでしょう。
ランディングページの肝というべきファーストビュー。この部分のポイントを制して、ぜひ価値の高いランディングページづくりを行ってください。

成果の出るランディングページ作成ソフト「MeVIUS-メビウス-」について詳しく知りたい方はこちら!

 - WEBデザイン ,

スポンサーリンク

関連記事

  関連記事

金沢市公式観光サイト 金沢旅物語
地域ブランド調査2015、上位10位の市町村の公式観光サイトを紹介します!

先日、民間シンクタンクのブランド総合研究所が、「第10回地域ブランド調査2015 …

girl
バナーの効果を確実に上げるためのABテスト案10選

はじめまして。本記事は、Cバイブルより寄稿させていただきました。Cバイブルは、W …

iphone-410311_640
【4月21日】Googleスマホ最適化アルゴリズム発動|対処方法と今後の対応

Googleが2015年4月21日よりスマホでの使用に最適化されているかどうかを …

computer-768608_640
初心者だから押さえたい!Web制作を学べるサイト10選

「学ぶ」の語源は「真似」からきているといわれます。スポーツでもアートでも、初心者 …

ferrari-996084_640
ブランディングって何だ?|UU伸び悩むWebサイトが改めて考えるべきこと

Webサイトを運営する上で、皆さんが気を配っていることは何でしょうか? UIデザ …

388954以上の無料写真とテクスチャ - FreeImages.com
【無料・有料】商用利用可の写真素材サイト7選

ブログ形式のWebサイトでは、読者を一目で惹きつける工夫が欠かせません。記事その …

colored-pencils-374771_640
ランディングページの色が売り上げを100%変える! <実践系カラーリング>厳選6選

↓↓【2980→無料】ネットで100億売り上げたアイデア!レビューもあり! 目次 …

迷わない地図|道ナビ 動画で道案内をします
【インタビュー】道案内動画を安価で手軽に制作!道ナビ.com

施設や店舗などのWebを作る際に、SEOで検索上位表示させることはとても重要です …

woman-690036_640
非IT企業のweb担当者必見!ホームページ制作会社の選び方

創業間もない非IT業種の企業や店舗の場合、ホームページの担当は広報や総務系の担当 …

JAPAN AIRLINES - JAL Guide to Japan
外国人観光客が訪日前・訪日中にチェックする情報メディア・サイト19選

ここ数年、都内でも街を歩くとガイドブックや大きな買い物袋を持った訪日外国人に出会 …